リモートワーカーの憂鬱

こんにちわ。ひきこもりです。
今日が何日で何曜日なのか、わからない。
最近人と話したのいつだか覚えてない。
そんなことになってませんか?

なっていない?
私はなっていますが、元気にやっています。

今週のお相手は私、リモートワーカーの仲井になります。
よろしくお願いします。

ネガティブな出だしで不安になりましたか?でも大丈夫。
本編は、私のように曜日感覚がなくなっていても、毎日楽しく働ける精神を養うことを目指していきますので、楽しみにしていてください。

「一人だけど、独りじゃない。」をスローガンに希望溢れる内容にしていきたいと思っています。

<続きを読む>

864倍!の効率化って。数クリックでサーバーの準備ができるというテクノロジーの進化について考えた。

今回は技術的な内容は小休止して、ちょっとした時代の変化について感じたことを書きたいと思います。

遡ること2000年当初、当時僕はデータセンターの常連でした。

データセンターとは、簡単にいうとインターネット用のサーバー機器やネットワーク機器等を設置するところです。
なぜこんなところが必要なのかというと、セキュリティを担保するためで、こうした施設にはだれもが気軽に入れるわけではなかったのでした。
また、インターネット回線も敷設できるし安定的な電源供給も保証され、つまり、インターネット用のサーバーを管理する施設としては最適なわけです。

その当時の仕事の一つに、データセンターでのサーバ設置という作業があったのです。
クライアントから受注があるたびに、インターネット用のサーバーを購入しデータセンター内に設置して、サーバーとして利用できるように環境構築をしなければなりませんでした。

まずはこの作業の流れを簡単に説明します。

<続きを読む>

VagrantとDockerを使用した開発環境構築

こんにちは、インフラエンジニアのトシです。

先日、とあるプロジェクトの開発環境をVirtualBoxのイメージ配布からVagrant + Dockerへ移行しました。そこで、今回はその内容を紹介いたします。

経緯などの説明に入る前に、VagrantとDockerについて簡単に説明しましょう。

Vagrantは仮想開発環境を簡単に構築・共有するためのソフトウェアで、
DockerはNginxやMySQLなどのサーバーソフトウェアを簡単に立ち上げることができるソフトウェアです。

<続きを読む>

Angular1によるSPA開発 – Tips編

こんにちは、エンジニアの尾形です。

前回のブログではAngular1の設計の勘所についてお伝えしました。
今回はAngular1のTipsをいくつかご紹介します。
(なぜAngular1を採用しているかについては前々回記事をご参照ください。)

本記事では、Angular1のサンプルプログラムをTypeScriptで記述しています。インターネット上に見られるAngular1の各種サンプルはJavaScriptで記述されていることが多いため、TypeScriptで開発を行なっている方の参考になれば幸いです。

<続きを読む>