ベンチャーIT会社の開発手法

記事を開いてくださった皆様。こんにちは。
先週に引き続き、今週も私、ロッキーがベンチャー独特の世界にご案内します。

今回は、ベンチャー企業の最大の武器の一つでもある、「フットワークの軽い開発」を弊社が体現するために取り入れている、業務進行手法について書きたいと思います。

ちょっと営業色が強かった前回と違い、今回はスタートアップサービス等のシステム開発において、「スピード」と「品質」という二兎を追う弊社マネージャー陣の奮闘についての内容です。
一般のIT企業にお勤めの方からすれば、無茶やるなぁという内容かもしれません。事実、私も転職当時、かなり苦労しました。。。

特にベンチャーへ転職を検討されている方は、どんな内容に苦労したかについて最後までお付き合いいただき、是非、ベンチャーへの挑戦の参考にしていただければ幸いです。

<続きを読む>

スタートアップ系システム開発~営業系エンジニアのすすめ

こんにちは。 開発者ブログでは初めまして。ロッキーと申します。

私は、当社では最古参でして、元々は大手システム会社でエンジニアをやっておりましたが、ベンチャー企業で 自分を試してみたくて当社に入社しました。
入社当時は、自信過剰気味で正直、自分は相当できる!と思って入社しましたが、 大手企業にはないベンチャー独特のスピード感についていくことができず、最初は相当苦労しました。

私の連載では、大手企業などのエンジニアからフリーランスやベンチャー企業に転職を考えている方、 これからプロジェクトを率いていく立場に上がる方などに、ただの一介のエンジニアだった私が、 スタートアップ企業や比較的規模の小さい企業を支える営業兼エンジニアとして働く上で 徐々に営業職が強くなっていく日々で、感じていることを共有させていただこうと思います。
※ここでの「規模の小さい」というのは、システム部が存在しない会社のことを指しています。

<続きを読む>

働き方について考えた

代表の大井田です。不定期に投稿していきます。これが2回目の記事です。
今回は働き方について考えました。

このままテクノロジーが発達して人工知能つまりAIが進化していったら、大半の仕事はAIに取って代わられて職を失ってしまう、というような記事がちょこちょことでてきていますがどうなんでしょうか。

ぼくは、「働き方」というのをちゃんと考えれば、そんなことにはならないだろうと思っています。

<続きを読む>

リモートワークなんて怖くない

こんにちわ。またお会いしましたね。リモートワーカーの仲井ですよ。
北海道在住なので、先日の北朝鮮のミサイル通過はかなりの恐怖でした。
Jアラートの不気味な音は、物凄く不安を煽りますよね。
ミサイルは領空侵犯にならないのでしょうか。
法律のことはよくわかりませんが、「最も強い言葉で非難」とか言ってる場合ではないですよ。
あなたも他人事ではありませんよ。防災リュック、用意してありますか?

さて、いつも通り前置きが長かったようですので本題に入ります。

もし、あなたが「明日から家で仕事してくれ」と言われたらどうですか?
嬉しい?不安?寂しそう?一人で大丈夫かわからない?

私は不安でいっぱいでした。

いままで、社外で作業することはありましたし、現在はインターネットも普及して、どこにいても誰とでも連絡できる時代です。
いや、遡れば携帯電話が普及した時点で、人間はどこにいても誰とでも話すことができるようになっています。
携帯電話の登場から20数年。
現在はスマートフォンが爆発的に普及し、もはやPCと変わらぬ性能を手軽に持ち運べる時代になりました。
タブレットなんてもうほとんどノートPCです。
コンピュータの進化スピードは恐ろしいほど加速しています。

しかし、一方で人間はどうでしょう。
せいぜい、背が伸びたとか、教育によって知能が上がったとか、足が早くなった程度です。
そう、人類誕生以来、人間はほとんど何も変わっていないのです。

何が言いたいかと言うと、機械は進化しても人間の心は変わってないってことです。
いくら通信が発達したって、人間が本来もつ心理はそうそう変わらないわけです。
だから、「インターネットがあればどこでも繋がれる」なんてキレイごと言っても、内心では「一人は寂しい」わけです。

当然、リモートワークなんて不安になります。

私が感じた不安とその解消方法を書くことで、あなたの不安を拭う一助となればと思います。

<続きを読む>