【オガティ外伝】オフショア開発の巻 in ベトナム(後編)

前回に引き続き、コウダインテです。シンチャオ!(ベトナム語使ってみた)

1週間が経ちましたが、みなさん何かいいことありましたか?
私は特にこれといって何もありません。11月に入り、北海道は一気に気温が下がってきて、最近では0℃前後が続いておりとても寒いです。
雪が降っている地域もありますので、雪国の方は早めに冬タイヤへお取り替えください。

さあ、年末が近づいて忙しくなっているみなさま。
忙しさに心まで荒んでませんか?部下に理不尽なこと言ってませんか?
上司に理不尽な要求していませんか?上司に何でも払わせてませんか?
私は払わせ、いや払って頂いてますよ!!

そんな方も、そうではない方も、今回の記事で心を癒やしてください。
前回とは変わって、オガティのプライベートにスポットを当て、ベトナムでの生活事情、オガティの休日、最後には今回のオフショア開発で感じたベトナムの魅力について紹介します。
前回に引きつづき読んでいただいている方、本当にありがとうございます。

それでは、「【オガティ外伝】オフショア開発の巻 in ベトナム(後編)」はじまるよ~


<続きを読む>

【オガティ外伝】オフショア開発の巻 in ベトナム(前編)

ねえ、オガティ。こっち向いて。
で、お馴染みのリモートワーカー・コウダインテだよー。

今回は今までと毛色が変わりまして、直接的な開発の話ではなく
2015年にオガティが携わったオフショア開発にまつわるエトセトラを前後編に分けて紹介していきます。

オガティのプロフィール

オガティー

2014年3月から現職。当社のベンチャービジネスに心惹かれて入社。 それ以前はソフトハウス(2社)に在籍。 エンジニア歴はもう少しで20年。通信キャリアーのシステム開発、サーバーサイドプログラミングの経験が長い。 エンジニアとしてのベースはJava屋。Androidアプリ開発も。サーバーサイドはPHP, Node.jsが多い。 フロントエンドエンジニアとしては駆け出し。

趣味:ギター、ドラム、フットサル、お酒

<続きを読む>

今後の連載予定について〜予告!

フロントエンドエンジニアへの道:完結しました。

第2回
CSS規約(FLOCSS+α)、Sassについて
– FLOCSSをベースとした構成 (ディレクトリ、ファイル構成)
– 命名規約 (BEMを拡張した話、シングルクラス)
– プロパティの宣言順 (csscombでルールを定義して自動で並べ替え・フォーマットする話)
– 蛇足でエディタの話 atom, vscode, webstorm, netbeans
– エンジニアとデザイナーの思考の違い (少し脱線するが、非エンジニアにFLOCSSのオブジェクト指向(プログラム寄り)を理解してもらい、コーディングしてもらう話)
第2回は 6/26 (月) に公開予定です。ご期待ください。

第3回
Sassコーディングを行なう上で必要となる各種自動化の話
– タスクランナーgulp(概要説明)
– Sassコンパイル(変更を検知して自動コンパイル、ベンダープレフィックス、minify)
– ブラウザへの反映(browser-syncの話)
第3回は 7/10 (月) に公開予定です。ご期待ください。

第4回
Angular1 基本編
– はじめに(Angular2, Angular4がリリースされたのにAngular1を使っている経緯。Angular2への移行を見送った話)
– TypeScriptでコーディングする(静的型付けの重要性)
– TypeScriptの型定義ファイルについて(@typesパッケージを使用。@typeで提供されていないモジュールや自作した型定義についてはtypingsを使用)
– ライブラリーについて(jQueryとの共存)(基本はnpmリポジトリを使用。npmに存在せずbowerにのみ存在する場合のみbowerを使用)
– ディレクトリー構成(サンプル紹介)
– 自動コンパイルについて(gulpタスクの紹介)
– minify対策について(対策しないとエラーになる話)

第5回
Angular1 設計編
– コンポーネント指向設計について(Angular1からAngular2への移行を視野に入れコンポーネントを使っている話)
– ライブラリーの機能はwrapして使うべし($httpのカプセル化、$scope.$broadcast()のカプセル化など)
– 環境固有の設定について(サンプル紹介)
– バリデーション(入力チェック)について(サンプル紹介)

第6回
Angular1 Tips編
– URLによる二重クリック対策(サンプル紹介)
– ネットワークオフライン検知について(サンプル紹介)
– $scope.$watch() や $scope.$on() でイベントのリスナーを登録する際の注意事項(監視が不要になった時点でリスナーを解除する必要がある)
– jQueryによるDOMの変更をAngular側へ通知する(trigger(‘change’)のイベントを使用すること。trigger(‘input’)はIEで動作しない)
– ng-repeat でユニークキー重複エラー(Angularが生成するhash keyが重複するケースがある)