ベンチャー

スタートアップ系システム開発~営業系エンジニアのすすめ

こんにちは。 開発者ブログでは初めまして。ロッキーと申します。

私は、当社では最古参でして、元々は大手システム会社でエンジニアをやっておりましたが、ベンチャー企業で 自分を試してみたくて当社に入社しました。
入社当時は、自信過剰気味で正直、自分は相当できる!と思って入社しましたが、 大手企業にはないベンチャー独特のスピード感についていくことができず、最初は相当苦労しました。

私の連載では、大手企業などのエンジニアからフリーランスやベンチャー企業に転職を考えている方、 これからプロジェクトを率いていく立場に上がる方などに、ただの一介のエンジニアだった私が、 スタートアップ企業や比較的規模の小さい企業を支える営業兼エンジニアとして働く上で 徐々に営業職が強くなっていく日々で、感じていることを共有させていただこうと思います。
※ここでの「規模の小さい」というのは、システム部が存在しない会社のことを指しています。

カタリストシステムの仕事の傾向

大規模開発を行なう会社と違い、カタリストシステムではスタートアッププロジェクトや 営業系ベンチャー企業のシステムを包括して構築・保守させていただくことが多い会社です。

クライアントの皆様は、それぞれのが実現したいビジネスモデルについては非常に熱い思いを お持ちの方ばかりで、その情熱は裏方として支える私たちも、会社という枠を超え、共に戦う仲間として 二人三脚で頑張っていきたい。そんな気持ちにさせてくれる魅力的な方々ばかりです。

当然、勢いがある方々ですので、細かく指示をいただく。というよりは、 なる早で、いい感じのシステムを作って! という、かなり難易度の高いご依頼をいただくことが多いです。

これがなかなかに大変でして。。 一般的なエンジニアとしてキャリアを積まれてきた方からすると、少し特殊な仕事の進め方であるかもしれません。

最初にやること

ところで、「スタートアップ向けのシステム構築を行なう」というと、皆さんはまず何をしないといけない、と想像しますか?

・クライアントへのヒアリング
・技術/環境の選定
・開発スケジュールの策定
などなど、規模によりますが、やることはいっぱいありますね。

一般的に「要件定義」とも呼ばれる工程です。
ただ、まず最初に行なうこととして、上記内容をすっと考えられた読者の方は、 スタートアップ向けの事業に責任者に近い形で携わった場合、苦しむことになるかもしれません。

私が気を付けていること。
それはまず、「仲良くなる」ことです。
システム構築関係ないじゃん、と思われる方もいると思います。
でも私は、実はこれがシステム構築をする上で一番大切なことなのではないか、と位置付けています。

スタートアップ企業を推進している方(主に創業者の方が多いです)、窓口としてのシステム担当者の方は、そもそもIT知識の明るい方でないことが多いです。

・今の段階で、システム会社に一体何を伝えればいいのかわからない。
・サービス全体としての構想はあるけど、細かいところまではまだ決まっていない。

そういった状況の方に対し、いきなりどんなシステム作りたいですか? と聞いても、ふわ~っとした回答しか得られず、 認識の乖離が、必ず発生します。

なぜその事業を興そうとしたのか。なぜ既存システムを改善しないといけないのか。
そういった内容は些細な世間話の中にこそ、ちりばめられています。

スタートアップ企業の皆さまなどは特に、早く世に出したい。そのためにもシステムを早く作らなきゃという 一種使命感に駆られている方が多いです。
そういったクライアントに対し、全体構想をヒアリングしなながらも、 認識の乖離があるだろうなという意識を持った状態でどこまで情報を引き出せる関係を作れるか。
この成果によって、後々のプロジェクト運営が大きく変わってくることを、まずは強調させてください。

仲良くなるってなんなのさ

「仲良くなる」

これほど定義がわからない言葉はないですよね。
ただ、難しく考えすぎる必要はありません。
ここで重要なことは、友人関係になることではなく、どこまで信頼関係を築くことができるか、ということになります。

エンジニア出身者のあるあるネタとして、クライアントからの要望、要件に対し、「できません」、「難しい」ということをストレートに表現し過ぎてしまう傾向があります。

よく言えば、誠実なのですが、こと初期段階でこれをやりすぎてしまうと、クライアントが委縮してしまうことがあります。
「あ、無理なんだ。じゃあもうこの話はやめよう」となってしまい、サービスの選択肢が狭まってしまうこともあります。

クライアントはエンジニアではありません。結構無茶苦茶なことを言われるときもあります。
説明下手な人なのかもしれません。
ここで重要なのは、実現できない要望(システム要件)が出てきた時、やりたいことの本質がどこにあるのか、を探ることです。

「できません。」では話が終わってしまいます。
なぜその要件が必要なのか。どうすれば実現できる要望にもっていくことができるか。

それを聞き出すために、さまざまな角度からクライアントを知る必要があります。
直結する仕事の一面だけでなく、普段の業務や愚痴の内容などにも、ヒントがあるかもしれません。

打合せ中の雑談、飲み会、ランチ、喫茶店なんでもいいんです。
とにかく顔を突き合わせて話しましょう。
表情や仕草からも得られる情報は非常に多いです。

そして気づいた点などがあれば、必ずメモなりして見直してください。

テクノロジーがどれだけ進化しても、チャットツールやスカイプなど便利ツールが発展しても、
システムの構築は人と人との繋がりから始まります。

仲良くなりましょう!

さぁいよいよヒアリング

クライアントと仲良くなっていく過程で、本来の仕事であるシステム構築のヒアリングも進んでいきます。

ここでも待ち構える大きな罠とは何でしょう。

それは、エンジニア特有の性かもしれませんが、意識が高くなりすぎることです。

エンジニア業界は、日々目覚ましい進歩がありますし、新情報に目を光らせていることでしょう。
成功している企業や個人の情報発信もチェックしていると思います。

ぜひ次の開発では取り入れてみよう。新しい技術で作ってみよう。

この熱意は大切です。
ただ、この熱意がヒアリングを邪魔することがあります。

本当にそのクライアントに必要なことでしょうか。
業界が似ているからといって、取り入れてうまくいくでしょうか。

会社の規模、文化、人。すべてが千差万別です。

まずは地に足をつけて、幻想を追わずに冷静に確認していきましょう。
それらがすべて終わった後で、1年後のことも考えて決断しましょう。

スタートアップ企業のシステムを作る、ということは、多くはその後の保守も引き受けることが多いと思います。
また、通常のシステム開発よりもスピードを求められることも多いです。

どれだけ素晴らしい技術を採用し、理想的(と思われる)体制でスタートしても、
安定して納品できて、スピード感をもって開発できなければ意味がありません。

そのことを踏まえたうえで、理想と現実の取捨選択をしていただきたいと思います。

まとめ

今回はここまでとなります。

エンジニア一本でやられてきた方からすると、面倒くさい!と感じた方も多いのではないでしょうか。

そうですね。少し面倒かもしれません。。。

ただ、その少しの面倒を頑張ることで、よりクライアントに近い位置でサービスの盛り上がりを感じることができ、愛着もわき、信頼ももらえて、次の仕事につながっていきます。

好きだから、楽しいから、面白そうだから、このシステムを作っている。

そういうリーダーの下で進む開発は、多少開発メンバーが少なくてもうまくいきます。
何よりクライアントとの関係性がしっかりと出来上がっているので、調整しやすいですよね。

是非、営業的な目線をこの機会に育まれてはいかがでしょうか。

次回も、私ロッキーが、「ベンチャーIT会社の開発手法」についてお届けします。是非お付き合いください。

LINEで送る
Pocket

この記事を書いた人・プロフィール
ロッキー
ニックネーム: ロッキー

前職は大手IT企業に勤務。自信過剰で入社したものの現代表に木端微塵にされベンチャー魂をたたき込まれました。
代表の影響で趣味はゴルフ。早くうまくなりたい一心で最低でも月1回はコースに出て頑張ってます!